2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

けなげな紀伊上臈

  • Imgp0142
    今年の夏の暑さで洋服がぼろぼろに焼けてしまい恥ずかしいですが、遅ればせながら12月になってしまいましたが恋しい撫子のために一生懸命花をつけます。撫子ごめんね!!

マイコレクション

  • 遊園地で遊ぶ子供達
    コレクションとして数多く持とうとすれば、ウサギ小屋に住むワタイには、できるだけ小さいもの、できるだけ軽いものが望ましいと思います。

紀伊上臈杜鵑草の挿し木

  • Imgp32921
    “撫子改め杜鵑草”流挿し木の仕方を紹介します

2017年7月25日 (火)

「万年青」 「銘品:玉獅子」君の歴史

今を去ること13年前当時ご近所にお住まいになっていた一人暮らしのお婆ちゃん(当時90余歳)に戴いた
「万年青」一鉢・・・sign03   銘品「玉獅子」君         結構なお値段がするそうです・・・・・ヨ
Imgp03911
お婆ちゃん曰く
「この子は私の父が、私が生まれた時に誕生記念にと大枚を叩いて購入してくれた形見の品なの・・・」
「もう90年余り一緒にいるが、枯れるでもなく、大きくもならず、ズー-ーーとこのまま・・・・・・・sign02sign02
「でも私ももう年、何時まで面倒を見てやれるやら・・・・わからん・・・weepweepweep
「そこで、なでしこあらためほととぎすさん、お前さんならこの子の面倒を見てもらえそうなので貰ってもらえないかえ・・・・・sign02
と言うことで「なでしこあらためほととぎす」「玉獅子」君の養子縁組完了
その後数年でお婆ちゃん天国へ・・・・・・weepweepweepweepweep
お婆ちゃん「なでしこあらためほととぎす」「玉獅子君を大事にするから・・・・happy01heart04   安心して・・・ネ
でも「玉獅子」君は長命だからまた誰かと養子縁組をすることになるのだろう・・・・・なぁsign02sign02   

 

13年たった今日「なでしこあらためほととぎす」の庭に来た「玉獅子」君は・・・・・・・・・・sign02sign02
Imgp03831_2     Imgp03851_2

Imgp03931_3     Imgp03961_2
こんなにたくさんの子供たちが出来ました・・・・ヨ
お婆ちゃん天国でこの子たちを見てくれているかな・・・・・sign02sign02

「全員集合」
Imgp03791_2

と、言うことでこの「玉獅子」君はもう100年以上も生きている事になるん・・・・・ダヨネhappy01happy01  sign02sign02
 
 
 
 

2017年7月23日 (日)

最近の「撫子改め杜鵑草」の作品

「谷渡りの木&白丁花」  「山モミジ&杜鵑草」  「枝垂れモミジ&筑紫唐松」  「ネオレゲリア」
Imgp02971  Imgp02991  Imgp03321  Imgp03331

「碧玉」          「斑入り風知草」       「山モミジ」       「谷渡りの木&大半夏」
Imgp03361  Imgp03601  Imgp03581  Imgp03651

「花石菖」          「濃い色岩煙草」       「谷渡りの木」     「ミニ箒草&玉竜」
Imgp03721  Imgp03201  Imgp04001  Imgp04041

「谷渡りの木」       「アボカド」=実生1年生   「マンゴウ」=実生2年生       同3年生        
Imgp04191  Imgp04261  Imgp00151  Imgp04221

「アボカド」と「マンゴウ」は美味しくいただき残った種を発芽させました。
「アボカド」も「マンゴウ」も実生からだと結実するまで7・8年かかるそうです。
又ここでは、特にマンゴウは実生2年生で60Cm程になりしたので先月20Cm程摘芯してやると脇芽がたくさん出てきました。こうなると観葉植物として楽しむことが出来ると思います。

 
 
 
 
 
 

2017年7月21日 (金)

「なでしこあらためほととぎす」に新しいお友達

この子は、巣立ちしてまだ日の浅い雀の赤ちゃんです。実はこの子巣立ちしたその日に近くの溝に落ちて溺れそうになっていたのを「なでしこあらためほととぎす」が助けたのですが、
Imgp02441    Imgp02491

何とかして餌を食べさせようとしたのだが人の手からでは食べようとしないのでこの子もうダメかなと思い乍らお母さんに食べさせてもらえるように庭木の枝にとまらせ見守っていると・・・・・
Imgp02621    Imgp02691

親鳥たちがこの子に餌を与えてくれるようになりました。happy01heart04    「撫子改め杜鵑草」は一安心happy01happy01heart04heart04
     どこかの”子殺しの母親”に見せてやりたいものだネ・・・・・  angryangryangry
Imgp02731    Imgp02611

近頃では仲間も引き連れて餌をねだりに来ます。    遠慮しないで何時でもおいで・・・・・・  happy01happy01heart04heart04
Imgp02481    Imgp02501    Imgp02541    Imgp02741

おかげで「撫子改め杜鵑草」は、毎日一時間くらいは可愛いお友達と遊ぶことが出来ます。     嬉しいね happy01happy01heart04heart04
 
 
 
 
 
 

2017年7月18日 (火)

「なでしこあらためほととぎす」 昨日に続き久しぶりの投稿です

「伊吹麝香草」 太陽大好きな伊吹麝香草鉢からこぼれそう:5月7日撮影sign03  「筑紫唐松」 4月21日撮影
Imgp01711_2  Imgp01731_3  Imgp01751_2  Imgp01511

 
「イカリ草」&「雪持ち草」 6月20日撮影
Imgp01631   Imgp01641   Imgp01651_2   Imgp01661

 
「紅紫檀&筑紫唐松」 「ソキアリス」 左「長生蘭:白綾」右「石斛花物:飛沫」5月10日撮影 「筑紫唐松」
Imgp01801  Imgp01771  Imgp01841  Imgp01431

 
「ソキアリス:レデボウリア属」              「南天&斑入り姫石菖」      「紅紫檀」
Imgp02321  Imgp02341  Imgp02151  Imgp01821
南天&斑入り姫石菖は少し変わった植え方になっていて土台は瓦の欠けらその瓦の欠けらに土を一粒も使わず苔を植え付けその苔の根に姫石菖を植え付けておいたところおそらく小鳥が南天の種を運んできたのでしょういつの間にかこんなに大きく育ちました、言わばこの作品は「なでしこあらためほととぎす」と「小鳥さん」の共同作品になるのでしょうネsign02

 
「岩ガラミ:ロゼア」                               「枝垂れモミジ&筑紫唐松」
Imgp02121   Imgp02161   Imgp02821   Imgp03321
岩ガラミと蔓紫陽花は専門家でも見分けるのが難しいほど姿形がよく似ているそうですがこちらは岩ガラミと言うことで6・7年前に購入した物が一昨年前から花をつけるようになりました。足元は白花の立浪草です。

 
「紀伊上臈杜鵑草」
Imgp02251    Imgp02291
こちらは一昨年苔玉にしていたのが去年一輪の花を見せてくれたのですがそのままで放置していたら今年こんなに株を増やして元気な姿を見せてくれていますが花の時期まで耐えてくれるでしょうかsign02  心配です
 
 
 
 

2017年7月17日 (月)

撫子改め杜鵑草の庭(5年目の開花) 久しぶりの投稿です

「ミニカトレア」  (5年目の開花)
Imgp00141     Imgp00161     Imgp00201

Imgp00252_2     Imgp00221_2     Imgp00231_2

Imgp00462     Imgp00461     Imgp00471

Imgp01182     Imgp01191     Imgp01192
この「ミニカトレア」は、バルブ一つを手に入れどうなるものかと思い、苔玉にして面倒を見ていたのが5年目にして見事に開花しました。
 
 
 

2016年6月14日 (火)

撫子改め杜鵑草の庭(2016年の花‐12)

今日はもう6月14日です。5月11日に書いていたものですがパソコンさわるのがおっくうで今日まで眠っていました。

「一才藤」

Imgp96671  Imgp96681  Imgp96691
この子は14年まえ「撫子改め杜鵑草」の庭に来て以来この鉢に入ったままで毎年よく咲いてくれています。

「石斛花物」=「万里紅」
Imgp96721  Imgp96701  Imgp96731
石斛は苔玉にしてこのように木に吊るしておくと機嫌よく育っています。

「長生蘭」=「白綾」
Imgp96851  Imgp96831  Imgp96841

Imgp97381_2  Imgp97371_2  Imgp97411_2
石斛は花物、長生蘭は葉物と思いますがこの白綾は斑が入り毎年薄いピンクの花が咲きます。(ニ芸品・・・?)



 

2016年5月11日 (水)

撫子改め杜鵑草の庭(2016年の花‐11)

「オステオスペルマム」
Imgp96421  Imgp96431
この「オステオスペルマム」は四年前に苔玉としてお店に並べていたものですがお嫁に行きそびれてしまい三年前に苔が枯れてしまい土の入った小さな鉢の中に捨て置いたものが昨年自ずと再生してきたので一回り大きめの鉢に植え替えてあげました。

「八重咲き筑紫唐松」
Imgp96471  Imgp96451
こちら「八重咲き筑紫唐松」は一昨年手作り市でピンクとグリーンのふた鉢を手に入れたものですが昨年は花も付けず枯れそうになっていたので諦めて放置していたら今年子株ながらに花をつけましたピンクの方はいまだ枯れそうなほど頼りないです。

「姫柘榴&三っ手岩笠」
Imgp96481  Imgp96501
「姫柘榴」は鉛筆の芯ほどの枝先に直径2・3Cmの大きい実をつけます。
想像してみてくださいこの写真の鉢の直径が18Cmですのでどれ程のものか・・・・・?
また「三つ手岩笠」もその小さな体格にしては花付きが良くて「撫子改め杜鵑草」の好きなタイプの花君です。
 
 
 
 

2016年4月28日 (木)

撫子改め杜鵑草の庭(2016年の花‐10)

「世にも珍しい作品の紹介」
Imgp97151_2  Imgp97161  Imgp97181_2
この極小盆栽は本日出来たてのホヤホヤでしてそのいきさつの薀蓄を・・・・・・   聞いてください。
実生の松は4・5年前に2号ポットに種を撒いて育てていたものに・・・・・
足長蜂君が巣を作っていたので彼には悪いが「撫子改め杜鵑草」のわがままで立ち退きを強制しまして
(まるで地上げ屋みたいに・・・)よそに引っ越して頂きました・・・・  足長蜂君ごめんネ・・・・・   
そしてデミカップを加工したミニ鉢に植えつけてみました。
偶然とはいえ誰にも作れない世にも珍しい作品に仕上がりました。
デモってこれは「足長蜂くん」「撫子改め杜鵑草」の共同作品になります。
 
 
 
 
 

2016年4月27日 (水)

撫子改め杜鵑草の庭(2016年の花‐9)

「深山霧島」
Imgp96341  Imgp96331  Imgp96351
四年前に一枝戴いたものを挿し木して置いた物が昨年から花をつけ始め今年はこんなになりました。

「三つ手岩笠」
Imgp96401  Imgp96402  Imgp96391
こちらは、深山霧島より一年早く撫子改め杜鵑草の庭の中間になったのですが花の大きさは「コデマリ」と同じくらいの大きさでよく間違われますが葉の形が違っています。
また、樹高が非常にコンパクトでこの子で約50Cmくらいです。

「岩ガラミ」別名「蔓紫陽花」
Imgp96381  Imgp96361  Imgp96371
この子は、十年ほど前に通販で購入した物ですが3・4年前に一度花を咲かせたのですがその時以来2度目の開花です。
何処のお寺さんでしたか?紫陽花で有名なお寺の住職さんのご自慢で樹齢(百ウン十年)もので樹高4mにも及ぶ岩ガラミがあるそうです。
花は「額紫陽花」に似ていて蔓紫陽花とも言われますが紫陽花とは何の関係もなく「雪の下」科に属します。
花が咲けばもう一度アップします。

2016年4月26日 (火)

撫子改め杜鵑草の庭(2016年の花‐8)

「八角蓮」
Imgp96201  Imgp96221  Imgp96222
この「八角蓮」は、我「撫子改め杜鵑草」の庭に来て既に7年は過ぎようかやっとその素顔を見せるようになりました。

「斑入りアメリカ岩南天」
Imgp96251  Imgp96231  Imgp96271
この子は「撫子改め杜鵑草」の庭に来て以来毎年顔見知りをしないで花を咲かせてくれています。

「雪持ち草」
Imgp96291_2  Imgp96301_2  Imgp96311_2
「雪持ち草」君は、5人の中間と共に「撫子改め杜鵑草」の庭にきて5年になるが生き残っているのはこの子だけになってしまいました。
この子の様に背が低く可愛らしい姿にするのにあれこれ試行錯誤してイジメましたので犠牲者を出てしまいました・・・・・ごめんネ・・・・・coldsweats01coldsweats02coldsweats01
 
 
 

2016年4月21日 (木)

撫子改め杜鵑草の庭(2016年の花‐7)

「根来緑花センタ-」に行ってきたよ。 「撫子改め杜鵑草」 ではないのですが彼女からのお散歩のお誘いにて・・・・・
Imgp96151  Imgp96191  Imgp96181

Imgp96161  Imgp96171  Imgp96121_2

Imgp96131_2  Imgp96141_2  Imgp96111_2
流石に「緑化公園」と銘打つだけに色とりどりの花々が咲き乱れていましたよ。
本日は、お名前の紹介は致しません・・・・・悪しからず。
 
 
 

2016年4月14日 (木)

撫子改め杜鵑草の庭(2016年の花‐6)

「八重咲き筑紫唐松」
Imgp96051  Imgp96031  Imgp96041
この筑紫唐松は一昨年5月に手造り市にて手に入れたものですが去年は新芽もださず枯れたかなと思い諦めてそのままにしていたのだが何故か今年花をつけています。happy01heart04happy01heart04

「縮緬斑入り寒葵」
Imgp95892  Imgp95911  Imgp95891
撮影の腕が未熟で斑の様子があまりはっきり出ていませんがもう少し大きくなると葉一面に細かい模様が出てきます。

「庭桜」
Imgp95791  Imgp96061  Imgp95811
「撫子改め杜鵑草」の庭では一足遅い桜が咲いています。

«撫子改め杜鵑草の庭(2016年の花‐5)