2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

けなげな紀伊上臈

  • Imgp0142
    今年の夏の暑さで洋服がぼろぼろに焼けてしまい恥ずかしいですが、遅ればせながら12月になってしまいましたが恋しい撫子のために一生懸命花をつけます。撫子ごめんね!!

マイコレクション

  • 遊園地で遊ぶ子供達
    コレクションとして数多く持とうとすれば、ウサギ小屋に住むワタイには、できるだけ小さいもの、できるだけ軽いものが望ましいと思います。

紀伊上臈杜鵑草の挿し木

  • Imgp32921
    “撫子改め杜鵑草”流挿し木の仕方を紹介します

« ついに敗れる“ザックジャパン” | トップページ | 我輩の庭に咲いた花君達(Ⅻ) »

2011年11月28日 (月)

ラグパパス・ジャグバンド拝聴

ラグパパス・ジャグバンド拝聴(昨日の事である)

Imgp19611_4

          まずは、彼らを紹介します。左から 

          秋元 慎さん=担当:マンドリン・フィドル・ギター・ボーカル 

          勝木 徹芳さん=担当:ギター・バンジョウ・ボーカル 

          澤村 重春さん=担当:ウオシュボード(洗濯板)・ギター・ボーカル 

          ジョッシュ大塚さん=担当:バンジョウ・フィドル・ギター・ボーカル 

          神田 修作さん=担当:タブバス・ハーモニカ・ギター・ボーカル

                              以上、5人のメンバーです。 

Imgp19581_2

Imgp19591_2

 彼らは、皆それぞれ特徴があり我輩が今までに見た事のない楽器を駆使されていました。特に澤村さんは身の回りのもの全てがこれ楽器といった感じで、ヤクルトの容器とストローを合体させてオカリナの音色をつくりだしたり。挙句の果てにレジ袋まで楽器にしてしまう。ビックリ仰天 angry angry

 また、我輩が特に注目したのは神田さんの奏でるタブバスです。これは、足で踏んづけているタライを胴にして弦はワイヤーを使用しこれを単なる角捧とつなぎ合わせただけなのだが音色はベースそのもの不思議な楽器である。

 何か仕掛けでもあるのかなと思い、その構造をみせていてだきましたが何もありませんでした、至ってシンプル中にはマイクが入っているだけ。これもビックリ sign03     眼から鱗の一時でした。 happy01

 この花なあにsign02

   Imgp0859a_3Imgp0859b     Imgp13081Imgp13082

この花君達の名前をお知りになりたい方は写真の右下の出っ張りをクリックしてください。

 

 

« ついに敗れる“ザックジャパン” | トップページ | 我輩の庭に咲いた花君達(Ⅻ) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1434168/43173923

この記事へのトラックバック一覧です: ラグパパス・ジャグバンド拝聴:

« ついに敗れる“ザックジャパン” | トップページ | 我輩の庭に咲いた花君達(Ⅻ) »