2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

けなげな紀伊上臈

  • Imgp0142
    今年の夏の暑さで洋服がぼろぼろに焼けてしまい恥ずかしいですが、遅ればせながら12月になってしまいましたが恋しい撫子のために一生懸命花をつけます。撫子ごめんね!!

マイコレクション

  • 遊園地で遊ぶ子供達
    コレクションとして数多く持とうとすれば、ウサギ小屋に住むワタイには、できるだけ小さいもの、できるだけ軽いものが望ましいと思います。

紀伊上臈杜鵑草の挿し木

  • Imgp32921
    “撫子改め杜鵑草”流挿し木の仕方を紹介します

« “紀伊上臈杜鵑草”の挿し木の仕方紹介 | トップページ | やさしい唄のライブを拝聴 »

2012年6月23日 (土)

“撫子改め杜鵑草”の庭に咲く花君達の「なう-21」

Imgp32952    Imgp32961
6月始め(6月5日ONエヤー)から咲きはじめてほぼ3週間もうボツボツ終わりに近づいていると思うのですが、「もっともっと咲き続けていたいよ。」と言っているような「筑紫唐松」君です。
その横に巴瓦に入れられた「岩桧葉」君ですが、この子は周参見の堀野さんちから今月始めに我が家に養子に来た子です。元気に根付いていますョ・・・・・。
また、赤白紫と色鮮やかに咲き乱れるのは“撫子改め杜鵑草の彼女”が植えた「ペチュニア」君です。
「ペチュニア」君は一年草と多年草があるのですが、“撫子改め杜鵑草”“撫子改め杜鵑草の彼女”に多年草の方をお奨めしました。お値段は一年草の3倍ほどしますがこちらの方が丈夫で長持ちするからです。
苔玉にしても可愛いし、次から次へと咲き続けてくれるので私も山野草以外では大好きな花のひとつです。

蛇足ですが、「岩桧葉」君のことを「岩松」だと言われる方が多いのですが何故でしょうネ。(広辞苑を紐解くと「岩桧葉」の別称とありました。)「岩松」と言ったほうが言いやすいのでしょうか・・・・・sign02
Imgp32931

 
 
 

« “紀伊上臈杜鵑草”の挿し木の仕方紹介 | トップページ | やさしい唄のライブを拝聴 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1434168/45800943

この記事へのトラックバック一覧です: “撫子改め杜鵑草”の庭に咲く花君達の「なう-21」:

« “紀伊上臈杜鵑草”の挿し木の仕方紹介 | トップページ | やさしい唄のライブを拝聴 »