minipuran.cocolog-nifty.com > 紀伊上臈杜鵑草の挿し木

Imgp32771
Imgp32811
Imgp32821
Imgp32831
Imgp32841
Imgp32861
Imgp32871
Imgp32881
Imgp32921

<< 前 | トップページ | 次 >>

Imgp32811

Imgp32811

ルートンをつけた挿し穂をオアシスに挿したところ。   このとき葉の表側同士を向い合わせになるように挿します。それは葉の裏の付け根の節のような部分から根が出てきます、また葉の表側の付け根部分に小さな芽があり、発根したときにこれと直結します。
2本挿すのは効率を上げるためであり2本とも活着すれば植替えのとき分けやすくするために葉を向い合わせに挿しておくのです。(こうすることで根の出る向きを絡まない方向に出来ます)

固定リンク